お知らせ

2014年6月10日
医薬食品局監視指導・麻薬対策課

平成24年度「インターネット販売製品の買上調査」の結果を公表します
~56 製品から医薬品成分を検出~

いわゆる健康食品について、インターネット上の個人輸入サイトで販売されていた製品を購入し、国立医薬品食品衛生研究所で分析を行った結果、購入した109製品中、56製品から医薬品成分が検出されたのでお知らせします。

※ 本事業は平成23年度から行っている事業です。平成23年度は、強壮・痩身効果を目的として使用される製品を対象とし、69製品中58製品から医薬品成分が検出されました。
※ 本事業とは別に、平成13年度から、国内店舗で販売されている製品を対象として、「無承認無許可医薬品等買上調査」を実施しています。

1.結果概要

(1) 強壮効果を目的として使用される製品(強壮用健康食品)
 44 製品中37製品から、シルデナフィル等の5種の医薬品成分を検出

(2) 痩身効果を目的として使用される製品(痩身用健康食品)
 29 製品中19製品から、オリスタット等の9種の医薬品成分等を検出

(3) 健康増進及び美容効果を目的として使用される製品
 それぞれ21製品、15製品を購入し分析しましたが、医薬品成分が検出された製品はなし

2. 国民の皆様への注意喚起

医薬品成分等が検出された製品は、当該医薬品成分等に起因する頭痛、動悸、胸痛、ほてりなどの健康被害を起こす可能性があるので、個人輸入しないよう注意してください。また、これらの製品をお持ちの方は直ちに使用を中止して、健康被害が疑われる場合には医療機関を受診してください。

3. 監視・取締等の対応

医薬品成分等が検出された製品の販売サイトに対しては、その所在地が国外にあるため、警告メールの送信や、対応するレジストラへの削除要請などを行い、製品の販売及び広告が中止されるよう、指導・取締りを行っています。
また、インターネット等で、薬事法上違法であることが疑われる医薬品のサイトを発見した場合には、直ちに、厚生労働省・地方公共団体の通報窓口、又は、「あやしいヤクブツ連絡ネット」に通報してください。
今後も買上調査を継続し、流通実態の把握と指導・取締りを徹底していきます。